弁護士による離婚相談は、川口駅から徒歩2分の弁護士法人てんとうむし法律事務所へ。浮気、暴力、慰謝料、財産分与、養育費、婚姻費用、不貞行為のご相談受付中。

労働まるごと相談所
tel:0120391064
WEB相談予約

解決事例

HOME > 解決事例

当事務所の弁護士が過去に解決した事例のご紹介。

※プライバシー保護のため一部事情を変更しておりますが,当事務所の弁護士が実際に解決した事例をもとにしております。

調停離婚,財産分与

ご相談前の事情 

 10年以上の別居をしており,離婚の話を継続しており御相談直前に財産分与の金額も決まり離婚することになったが,いざ離婚する際に,夫が財産分与の支払を拒否した。

解決 

 夫の収入が不安定な部分があり,今までの経緯から判断して迅速な解決を優先するため,あえて交渉の期間を短くして早期に離婚調停を申立した。
 
 初回調停で離婚の方向でとの合意がされ,調停外でも交渉した結果,財産分与として夫が掛け金を支払っていた生命保険の解約返戻金の他,現金300万円の支払など,合計1000万円程度を相談者に分与することで合意。
 
 2回目の調停で調停調書を作成し,離婚が成立した。
 未払い分は分割の支払いでしたが,弁護士口座に毎月振込んでいただくこととし,「弁護士の管理のもとで合意した財産分与額はすべて回収」致しました。

 調停離婚 相手方が不貞をしているとの相談。

 ご相談前の状況

 相手方の携帯電話のメールを発見し、相談に来られました。
 相手方が浮気を認める発言をした録音もあるとのことでしたが、録音状態が悪く、証拠としての評価が難しい状態でした。

  解決

 そこで、調停では、こちら側からは証拠を提出せず、証拠を持っている旨を伝えて、交渉したところ、相手方が2回目の調停で、解決金の支払いを合意して、早期に解決をすることが出来ました。

 調停離婚 以前の調停で多額の婚姻費用の支払いを合意している事案

   ご相談前の状況

 依頼者は、以前の婚姻費用分担請求の調停で、年収にそぐわない多額の婚姻費用を毎月支払うとの合意をしていました。
 さらに、相手方が依頼者の名義の住宅に住み続けているとの事情がありました。

 解決

 そのため、離婚調停を申し立てるとともに、婚姻費用の減額調停を申し立てた結果、依頼者名義の住宅を明け渡し、離婚に応じる旨の調停が成立しました。